本プロジェクトについて

About the Project

目的

Purpose
  1. 江戸時代の絵図や資料、古い写真に位置情報を付与し、GIS上 で現在の地図と重ね合わせ、史実が身近に感じられるようにします。
  2. 地域で眠っている資料や古い写真等の掘り起こしを行います。
  3. 歴史資料等の「見える化」と「アーカイブ」を実現し、地域との共働による歴史資料の収集、保存、活用の確立を行います。
目的(イメージ)

↑ページトップに戻る


事業内容(イメージ)

事 業 内 容

Project Contents
  1. 歴史資料、古い写真などを地図上で「見える化」させるためのデータベースを構築します。
  2. 市民、市民グループ、企業などが保存収集している古い写真などをデジタル化し、位置情報を 付与し、データベース化します。
  3. 地域の資料や古い写真等の掘り起こしを行い、眠っている資料等をデジタルアーカイブしていきます。
  4. 松江G空間ミュージアムの実現のため、上記1から3までのデータを蓄積し 随時公開します。松江G空間ミュージアムの活用事例システムは、誰でも自由 に無償で使用できるように、オープンソースとして別途公開します。

    【活用事例】
      古地図  |   相関図  |   地域の情報

↑ページトップに戻る


成 果 物

Project Products
  • 歴史資料に年代や関連情報、位置情報等を付与しデジタルアーカイブ化(データベース化)
  • 上記システムを他のシステムで活用するための仕組み(API)の提供
 

 今後こうした成果物を、様々な分野、用途に無料でご利用いただけます。
 また、歴史資料のデジタルアーカイブ化を継続的に進めてまいります。
 歴史資料の保護と地域財産の幅広い活用のために、「松江G空間ミュージアム」をぜひご利用下さい。

成果物(イメージ)
松江G空間ミュージアムは、文化庁の「平成28年度 地域の核となる美術館、歴史博物館支援事業」に採択され、同庁の支援を受けて構築されました。

↑ページトップに戻る

活用について

How to use the Matuse Geospatial Museum

松江G空間ミュージアムのデータは、今後様々な活用が期待されています。

  • (1)研究・調査
  • (2)教育・学習
  • (3)観光
  • (4)イベント・地域活動
  • (5)エンターテイメント
  • (6)写真素材・資料素材
  • (7)松江市史との連携

研究・調査(イメージ)

1.研究・調査

 GISを活用し、歴史資料、古い写真などを現在の地図上で年代毎に「見える化」したり、関連する研究成果等の情報を紐づけることで、資料ごとの関係性や新たな発見、調査研究の可能生を広げることができます。
教育・学習(イメージ)

2.教育・学習

 小学校で行われている地域学習や中学、高校で学ぶ日本史の中で江戸期の歴史について教科書や参考書だけでなく、実際の地域の資料に触れることで興味と理解を深め、学習の生きた教材として活用できます。
観光(イメージ)

3.観光

 古地図や歴史を活用した様々な「まちあるきアプリ」「ARコンテンツ」で情報ソースとして活用できます。
 場所・時代・コトのつながりが、観光資源の魅力を広げていきます。

↑ページトップに戻る


   
イベント・地域活動(イメージ)

4.イベント・地域活動

 地域イベントや観光イベントで、現在地から地域の歴史を紐解く企画に活用できます。また、昔の松江を知る地元の高齢者の方に、位置情報と年代別に関連付けされた古い写真を用いて、松江の生活や町並み、災害などの体験、昔の遊びや歌、言い伝え、風習、祭りなど、後世に残したいことを子どもたちに伝える地域活動等にも活用できます。
エンターテイメント(イメージ)

5.エンターテイメント

 テレビ、映画、ゲーム、漫画、小説といったエンターテイメントの素材や、参考資料として活用ができます。例えば、江戸期のお殿様、武家、庶民別に食生活を紹介した解説本、小泉八雲の「怪談」の舞台になった場所を訪れ、世界観を疑似体験できるアプリなどが考えられます。
写真素材・資料素材(イメージ)

6.写真素材・資料素材

 古い写真などを印刷物やホームページ、映像などの素材として提供し、商用利用を含めご利用いただけます。  また、研究機関はもちろん郷土史を学びたいという個人などへ資料素材として活用いただけます。

↑ページトップに戻る


 
松江市史との連携(イメージ)

7.松江市史との連携

 平成31年度に松江市史全巻が完成しますが、膨大な松江市史の内容を松江G空間ミュージアムの資料データと関連づけることで、様々な活用が出来るようになります。  

↑ページトップに戻る

 

活用事例

Example

古地図

 松江市の古地図を現在の地図上に重ねて表示することで、松江市の過去〜現代の移り変わりを知ることが できます。また、地図上の指定した場所に関連する資料を年代順に閲覧でき、松江市の歴史を学ぶために も役立ちます。   古地図(イメージ)

関連図

 作成者、場所、時代などの情報から資料同士の関連性をソーシャルグラフ風に表示することで、 松江市の歴史の思いがけない繋がりを知ることができます。  関連図(イメージ)  

地域の情報

 松江市内の任意の場所を指定すると、松江G空間ミュージアムの資料に付与された年代、位置情報等から、その場所に関連する情報が時系列に表示されます。
 タイムトラベルのように、その地域の様子を時間をさかのぼって見ることができます。  地域の情報(イメージ)  

上記は、本システムが提供するAPIの活用事例です。

 

↑ページトップに戻る