不昧菓(不昧公200年祭・記念菓子) 釣月(ちょうげつ)

説明

堀尾吉晴公が松江城を築き、城下町を造成した当時に開創された天台宗・松高山普門院。不昧公もしばしば松江城から堀川を船にて訪れ、観月庵から池に映る月を眺め、茶を楽しんだと言われています。菓銘の由来は「釣月耕雲」。禅宗・曹洞宗の開祖である道元禅師の言葉であり、雄大な自然の中で、月を釣って雲を耕すかのような、ゆったりとした心境を意味します。【羊羹】 【価格】 おひとつ270円(消費税込) 【販売場所】島根県物産観光館 松江市殿町191 Tel 0852-55-5758 彩雲堂本店 松江市天神町124 Tel 0852‐21‐2727 シャミネ店 松江市朝日町伊勢宮472-2シャミネ松江店 Tel 0852‐26‐6523 一畑店 松江市朝日町661一畑百貨店 Tel 0852‐55‐2543

年代

2018年9月1日 - 2018年12月31日

作者

彩雲堂 島根県松江市天神町124 TEL 0852-21-2727 営業時間 9:00~18:00 定休日 元日のみ http://www.saiundo.co.jp

備考